【売買タイミングの判断1】取引レートの確認

ルールその5 「 取引レートの確認 」 について


次はターゲットの選定です。

ちなみに 【 売買タイミングの判断 】 とは、
通貨を選択して売買取引をスタートするところまでとしています。
 


さて、よく為替では 「 値ごろ感を持ってはいけない 」 と言われます。

これは、ある通貨が値ごろだな、と思っていると信じられないような下落を見せたり、
高いな、と思っている通貨が青天井であったりすることから、チャンスを逸することがあるためでしょう。

 
しかし私の場合、
そのようなチャンスを探っているのは、あくまで短期売買を主とした方たちの意見であると捉え、
敢えて相場に値ごろ感を持ち込むことをしています。
 
つまり取引レートの確認とは、
現時点での各通貨の価格に値ごろ感を見出すこをいうわけです。


ここで前段階で行った 「 トレンドの把握 」 で得た情報が役立ちます。
 
仮に1年間のうち、一ヶ月前程度が現在の底値であることが分かれば、
中長期的に見れば、貨幣価値が上昇する可能性は大きいな、と考えるわけです。

さらに近い将来、その貨幣に大きく影響する可能性があるファンダメンタルがあれば、
その点をバイアスして考え ( 織り込んで ) 検討する、という手順です。

これらを経て値ごろ感があれば、このセクションでは 「 買い 」 と判断します。
これが取引レートの確認作業です。



もしもこの記事があなたの参考になりましたら、
ぜひ以下への "投票クリック" をお願いします!
ブログの殿堂へ にほんブログ村 為替ブログ FC2ブログランキング ランキングネット

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

底値
Excerpt: 底値とは相場が下落するだけ下落して、下げ止まった時の値段のこと。
Weblog: 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識
Tracked: 2006-08-23 10:43
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。