【売買タイミングの判断2】移動平均の確認

ルールその6 「 移動平均の確認 」 について



前のセクションではレート把握でざっと値ごろ感を調べましたので、
次にその値ごろ感の正しさを確認する作業に入ります。

一般的に移動平均線は、
その傾きからトレンドを確認したり、デッドクロスやゴールデンクロスによる売買タイミングを探るために使います。
 
そこで私も、この段階で把握したトレンドを確認するため、
また当然デッドグロスやゴールデンクロスのシグナルを探るために移動平均を見ています。

 
ちなみに私は移動平均線を以下のように3本利用しています。
 


 1.短期:5日
 2.中期:40日
 3.長期:180日

Google
  そして何を持って値ごろ感をさぐるのかといいますと、
上の2、3が共に同じ向きに反転していることが確認できたら頃合かな、と考えるのです。
 


ただし移動平均は日々の値動きによって作られる大雑把な曲線であり、ダマシに遭うことも多いため、
次以降のテクニカルによって、どこでポジろうかを吟味していくわけです。

 


もしもこの記事があなたの参考になりましたら、
ぜひ以下への "投票クリック" をお願いします!
ブログの殿堂へ にほんブログ村 為替ブログ FC2ブログランキング ランキングネット

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。