【ドル円で練習1】考察してみます。

ドル円相場における考察の練習1 〜ファンダメンタルズ編〜


さて、せっかくシナリオ作りまでの文章を作成してきたのですから、
当たる当たらないは別として、これまでの方法で現在のドル円の状況を見てみようと思います。


まず 「 時期 」 ですが、現在はまだ8月ですので、引き続きこちらの内容で構わないと思います。
 
ただし大きなイベント ( テロとか ) が突発的に発生しやすい時期でもあるらしいので、
ストップロスはしっかりと設定しておきたいところです ( これはそもそも当然ですね )。

 
そして 「 ファンダメンタル 」 では、
 
 
 1:直近ではFRB議長のバーナンキさんの講演コメントですが、別段為替に関する発言をしませんでした。
 2:また再利上げ観測が出ていることから、市場の期待感も高まっているようです。
 3:さらに日銀の追加利上げの機運はまだまだ先のようです。
 4:人民元の大幅な切り上げはもう多分しません、とのコメント。
 
 
こんな感じですかね。


ちなみに私の場合、これらの情報は、主に外為どっとコムさんから仕入れています。
 
特に最近は朝夕に発刊されるフィスコ外国為替情報という媒体が、
きれいに情報がまとまっていて、たいへん重宝しています ( これは本当にお勧めです! )。

Google
さて、話がずれてしまいましたが(まるっきり宣伝のようになってしまい反省。。)、

どうやらアメリカにとって、またドルにとって、特別視するほど目立って悪い話が目に付きません。
 
つまり悪い話もあるのに、市場の話題になっていないため、為替にあまり影響しないと考えられます。
( ただし直近の住宅系指標がよくないため、アメリカ版バブル破裂の懸念がある気はしますが・・ )

 


そしてこれらを、以下2つの視点で検討します。
 
 1:現状への影響という視点で見ると、大きく作用しそうな話はありません。
 2:トレンドへの貢献度という視点で見ると、どちらかといえば上昇に貢献しそうな感じです。
 
 
まぁ時期も時期ですし、意外性のある情報もなく、淡々と推移しているといった印象でしょうか。
 
 
で、仕上げに幾つか自分が信用しているサイトの情報を収集して、ここまでの着眼点を確認します。
 
その結果、爆発的ではないものの、まだ上昇する余力があるような気が、私はしました。
 
 
以上がファンダメンタルでの考察です ( 大雑把だなぁ・・ )。

次にここまでの情報を、テクニカル分析によって補正していくことになるわけです。
ですがずいぶんと長くなってしまったので、次の投稿とします。

 


もしもこの記事があなたの参考になりましたら、
ぜひ以下への "投票クリック" をお願いします!
ブログの殿堂へ にほんブログ村 為替ブログ FC2ブログランキング ランキングネット

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ストップロス
Excerpt: ストップロスとは、相場が不利な方向へ進んだ際に、ある指値でポジションを清算して、損失を確定させる行為の事です。
Weblog: 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識
Tracked: 2006-08-31 10:38

ストップロスオーダー
Excerpt: ストップロスオーダーとは保有するポジションの損失が拡大しないよう、特定のレートでポジションを切るための注文方法です。
Weblog: 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識
Tracked: 2006-09-01 09:43
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。