【各国通貨の特徴2】スイスフラン2

通貨を知る2 「 スイスフラン 」 について2

ニュージーランドドルが気持ちいいほど下がっていますね。
トレンド転換 ( 半年のスパンで見ればこれもレンジですけどね ) が待ち遠しいです。

さてスイスの経済指標を書いてみます。

スイスは結構指標が少ないですが、
その分為替相場を動かすパワーを秘めているとも考えられますので、油断はできません。
 

1.毎月発表される指標
 

 小売売上高指数
 消費者物価指数 ( CPI )
 貿易収支
 KOF先行指数 ( チューリッヒ工大経済観測所
  SVME PMI ( SVME購買部協会
  失業率

2.四半期ベースで発表される指標

 
 ・3、6、9、12月
  GDP
  LIBOR目標レート( スイス版金利情報 )
  産業生産指数
 
上記の中でも特に特徴的なのがKOF先行指数で、
6〜9ヶ月程度先の経済状況を、6つの視点から計算される指数になっています。
 
経済指標の少ないスイスにとっては、為替相場の変動要因として大いに注目される指数となります。
Google


もしもこの記事があなたの参考になりましたら、
ぜひ以下への "投票クリック" をお願いします!
ブログの殿堂へ にほんブログ村 為替ブログ FC2ブログランキング ランキングネット

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23293446

この記事へのトラックバック

スイスフラン
Excerpt: スイスフランは金価格が上昇するときも買われる傾向がある。
Weblog: 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識
Tracked: 2006-09-06 17:55
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。