【各国通貨の特徴4】イギリスポンド2

通貨を知る4 「 イギリスポンド 」 について2

為替相場は午後もまったりです。

ヨーロッパ時間に期待、でしょうか。
 
さて、イギリスの経済指標ですが、これがとても多いです。
さすが腐っても元基軸通貨というところでしょうか。
 

1.毎月発表される指標
 

 BOE政策金利 ( 利上げ、利下げの票増減にも関心 )
 MPC議事録
 貿易収支
 新規住宅着工数
 小売売上高指数
 雇用者変化
 鉱工業生産指数
 失業率
 消費者物価指数 ( CPIのこと )
 GFK消費者信頼感調査 ( ドイツ調査会社GFK )
 CIPS製造業指数 ( イギリス購買部協会 )
 マネーサプライM4 ( 市場に流通しているお金の総量
 ライトムーブ住宅指数 ( イギリスライトムーブ社 )
 RICS住宅価格指数 ( イギリス王立不動産鑑定士協会 )
 製造業生産指数

2.四半期ベースで発表される指標

 (1)1、4、7、10月
   GDP
 (2)2、5、8、11月
   BOEインフレレポート
 (3)3、6、9、12月
   経常収支
 
 
主要なものとしては以上のようなところでしょうか。
 
イギリスは、金利とインフレ率にとても敏感な国です。
よってその点が市場の焦点になった際には、気を配る必要があります。
Google


もしもこの記事があなたの参考になりましたら、
ぜひ以下への "投票クリック" をお願いします!
ブログの殿堂へ にほんブログ村 為替ブログ FC2ブログランキング ランキングネット

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

FXファンダ派からテクニカル派へ・・・
Excerpt: FXファンダメンタル派の私が・・・テクニカル分析での取引をやってみようと考えています。それは、偶然にも手に入れてしまったこのマニュアルテクニカル分析が苦手な私でしたが分かりやすくかかれていました。これ..
Weblog: 外国為替証拠金取引FXニュースで儲けよう
Tracked: 2006-09-08 02:09
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。