【各国通貨の特徴7】欧州ユーロ2

通貨を知る7 「 ユーロ 」 について2


さきほど外為どっとコムのMarket SPリポートを見たところ、
9月7日付けで 「 負けるディーラーの特徴 」 というものがあり、興味深く読みました。
詳細をこちらでは書けませんが、興味のある方は読んでみてください。
 
相場に携わっていく中ではやはり段階というものがあるようで、
その取り組み方も経験によって変遷していくようです。
しかしいずれの段階においてもその経験を誤ると、勝てるものも勝てなくなるわけですから、
今のうちから一貫した経験を蓄積して、より良いトレード方法を見出していけるようにしたいものです。
 
 
引き続きユーロについてですが、
ここでは経済指標を以下へ列記します。
 
1.毎月発表される指標

 ECB ( 欧州中央銀行 ) 政策金利
 失業率
 総合消費者物価指数 ( HICP )
 生産者物価指数 ( PPI )
 小売売上高
 経常収支
 OECD景況感指数
 新車登録
 ZEW景況感指数( ドイツ経済研究所 )
 消費者物価指数 ( CPI )
 IFO景況感指数
 マネーサプライM3 ( 市場に流通しているお金の総量

2.四半期ベースで発表される指標

(1)1、4、7、10月
   経常収支
2)2、5、8、11月
   GDP確報 ( 月次改定
   労働コスト確報 ( 月次改定 )


主だったものを挙げてみました。

なおユーロの経済指標は、
大きくユーロ圏の統計結果としての発表と、ドイツからの発表の2種類があり、
どちらもその動向には注目が集まることになります
( ちなみにドイツの指標が注目されるのは、その経済規模の大きさからです )。
Google


もしもこの記事があなたの参考になりましたら、
ぜひ以下への "投票クリック" をお願いします!
ブログの殿堂へ にほんブログ村 為替ブログ FC2ブログランキング ランキングネット

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23632178

この記事へのトラックバック

FX有料マニュアルを、100部限定無料レポートで配布中!
Excerpt: 初めまして。いつも楽しく拝見しております。このたび、「FXアービトラージ・トレード初心者入門」というサイトをつくりましたので、トラックバックさせていただきました。貴ブログの訪問者である投資好きの方には..
Weblog: FXアービトラージ・トレード初心者入門
Tracked: 2006-09-12 20:13
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。